おやつ ときどき ごはん

2人の女の子のお母さんです。日々の出来事や好きなものについて綴ります。

つむパパさんの言葉に救われました。

こんにちは。

f:id:OyatsuTokidokiGohan:20211202145516j:plain

畑で採れたキャベツが甘くてとても美味しい。

4才と2才の女の子の母、おやつ ときどき ごはんです。

娘たちはまだ通園していないので、常に一緒です。

 
そして数分おきに呼ばれます。
 
喉が乾いた〜。
おもちゃを取られた〜。
お腹空いた〜。
おしっこ〜。
うんこ出た〜。
手にご飯つぶがついた〜。
鼻くそ〜ティッシュちょうだい。
おもちゃが見つからない〜。
○○○をとって〜。
上着が脱げない〜。
ジュースこぼれた〜。
遊ぼう〜。
これ読んで〜。
見て〜。
 
などなど。
 
家のどこにいても何をしていても待ったなしで呼ばれます。
 
幼児って、かなり空気が読めないですね…💦
 
子供たちのお世話は苦にならない方だと思いますが、月に1、2回、どうしても相手をしたくない瞬間があります。
 
お母さん遊んで〜!!
と、何回誘われても首を縦にふれない。
 
ちょっと遊んであげたら気が済んで、その後は一人でご機嫌に遊んでくれると分かっているんです。
 
それでも!意地でも!相手にしたくないんです。
 
頭の中のスイッチがぷつ〜ん…と、切れる感じでしょうか。
 
でも逃げる場所もないし、泣いている子供たちと同じ屋根の下、途方に暮れるのがお決まりのパターン。
 
それでも相手にしたくない。
 
昨日がそんな日でした。
 
つむパパさんがこんな言葉を書いて下さっていました。
 
《ずっと育児をし続けるのは、息継ぎなしでクロールをしているようなもの。》
 
《子供のことをめちゃくちゃ愛おしく思えたり、全力で遊んであげたり、受け止めてあげられるのは、子供といない時間に生まれる「心の余裕」があるからだと。》
 
うんうん…と、頷いてしまいました。
 
気持ちを代弁して下さりありがとうございます!!!
 
ちなみに…昨日はトイレに15分程こもることで心の余裕を少し取り戻しました。
 
その間、泣き叫ぶ子供たちを見ていてくれた家族に感謝です。
 
 
今日もお読み下さりありがとうございました!
 

f:id:OyatsuTokidokiGohan:20211209100145j:plain